夏のエアコン電気代は意外と安かった!節約しながら猛暑を快適に乗り切ろう | H O P S T E P S H U F U


夏のエアコン電気代は意外と安かった!節約しながら猛暑を快適に乗り切ろう

水道光熱費節約

最近は5月から真夏日と呼ばれる暑い日が続く事がありますね。夏本番になると35℃以上の猛暑日になることも。

小さいお子さんやペットがいる家庭では熱中症の予防などで早めにエアコンを稼働することも多いと思います。

そこで気になるのが『エアコンの電気代』。エアコンを夏前から稼働させると電気代が1シーズンで結構かかるのでは?と心配ですよね。

使う人が多い冷房時のエアコンの電気代はどのくらいなのか?具体的に計算をしてみました。

※この記事はエアコンの『冷房代』についての記事です。エアコンの『暖房代』について知りたい場合はこちらの記事へどうぞ↓↓

石油ファンヒーターvsエアコン 暖房費が安いのはどっち?計算の結果は!?
暖房代が安いと言われていた『石油ファンヒーター』と、最近暖房代が意外と安いと言われている『エアコン』。実際にどちらが安い

 

エアコン(冷房)の電気代を計算するにあたっての算出条件

エアコンの電気代を計算するのに『省エネ性能カタログ 2017年夏版「エアコン 冷房能力3.6kW(10~15畳)」』のデータを参考に計算しました。

【算出条件】

外気温度 東京をモデルとしています
冷房期間 3.6 ヶ月(6月2日~ 9月21日)(112日)
設定温度 冷房時:27℃
時間 6:00 ~ 24:00の18時間
住宅 平均的な木造住宅(南向き)
部屋の広さ

機種に見合った広さの部屋
※冷房能力3.6kWの場合は12畳

【電気料金】

  • 1kWh=27円(税込)
    (公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価)

【冷房期間消費電力量】
 ※冷房能力3.6kWエアコンの平均値

  • 冷房期間消費電力量:332kWh
    ※冷房期間消費電力:上記、算出条件下の冷房期間3.6ヶ月間(6月2日~ 9月21日)から出された消費電力量(kWh)(試算値)のこと。

省エネ性能カタログ 2017年夏版を参照

エアコン(冷房)にかかる電気代を計算してみよう

『冷房期間消費電力量』を元にエアコンの電気代を計算

エアコンのランニングコストの目安として利用される『冷房期間消費電力量』を元にエアコンの電気代を計算をしていきます。

  • 冷房期間消費電力量:332kWh
  • エアコン使用時間:18時間
  • 電気料金:27円/h

冷房期間消費電力量というのは冷房期間3.6か月(112日)間の総消費電力量のことなので、まずは期間総合計の電気代を算出します。

冷房期間3.6カ月(112日)の電気代

  332kWh×27円=8964円

期間総合計の電気代を利用して各期間(時間)ごとの電気代を算出していきたいと思います。

1か月(30日)あたりの電気代

  8964円÷112日×30日=2401.07…円

1日あたりの電気代

  8964円÷112日=80.03…円

1時間あたりの電気代

  80円÷18時間=4.44…円

計算上はエアコンの電気代は1か月あたり約2400円になるという結果に。
算出条件がエアコン使用期間・時間ともに長めに設定されているので、利用期間(時間)がもっと短ければさらに電気代が安く済みそうですね。
Ricca
Ricca

算出条件では半日以上エアコンをつけっぱなしですが、それでもひと月の電気代が2000円台なのは思ったよりも安いと感じました

もう少し使用時間・期間が短い場合のエアコンの電気代

参考にしているエアコンの電気代の算出条件では、3.6カ月(6月2日~ 9月21日)・1日18時間エアコンを使用した場合となっています。

私が住んでいるのは神奈川県ですが、6月中は梅雨寒の日もありエアコンを使わない日も多いと思います。

稼働時間に関しても夕方から朝などは外気温が下がりエアコンをつけなくても過ごせる時間帯や、仕事・外出などで家を空けることも考えると冷房期間中、毎日18時間エアコンを連続運転する日はほとんどないと思います。

そこで冷房期間は、気象庁のデータ2015~17年の6月~9月の4か月間のうち、東京の最高気温が28℃以上の日数の平均値、熱帯夜は同データの最低気温が25℃以上の日数の平均値から定めました。

エアコンの稼働時間は参考になるデータを見つけられなかったため、暑いであろう時間帯を11~18時前後として7時間稼働、熱帯夜の日は就寝1時間前~就寝後3時間稼働で4時間と仮定しました。

  • 冷房期間:61日間
    (内、熱帯夜は18日間とする)
  • 1日のエアコン使用時間:7時間
    (熱帯夜の日は+4時間)

新条件下のエアコンの電気代

  • 1時間当たりの電気代:約4.4円
  • 冷房期間:61日間
  • 熱帯夜 :18日間
  • 1日のエアコン使用時間:7時間
  • 熱帯夜日の使用時間  :+4時間

1日あたりの電気代

  約4.4円/h×7時間=約30.8円

 熱帯夜分の電気代

  約4.4円/h×4時間=約17.6円

1か月(30日)あたりの電気代

  約30.8円×30日=約924円

冷房期間61日の電気代

  約30.8円×61日=約1878.8円

 熱帯夜分の電気代

  約17.6円×18日間=約316.8円

外気温によって電気代は変わってきますが、計算上では冷房期間61日間(熱帯夜の日を含む)でもエアコンの電気代は約2200円という結果に!
Ricca
Ricca

「思ったよりもエアコンの電気代ってかかっていないんだな」というのが率直な感想でした。

我が家の電気代でエアコンの電気代を検証してみる

本当にエアコンの電気代はあまりかかっていないのか、我が家の月の電気代を比較して検証してみます。

2015~2018年 Ricca家の電気代(単位:円)
  2015年 2016年 2017年 2018年
4月 6300 4907 5652 4994
5月 4553 4791 5643 6474
6月 4321 4275 5100 5844
7月 5092 4478 5462 6684
8月 5091 5228 4917 7364
9月 4229 4870 4722 5992
10月 4314 4700 5054 5208
11月 4595 5771 5544 5838
年平均 5048.92 5028.17 5395.42 6302.33

冬は暖房を利用するため除外し、春・秋はエアコンなどの季節家電を利用しない時期なので比較のために入れました。

エアコンを稼働していない春・秋と比べても7月~9月のエアコンを多く使っているであろう月の電気代が飛び抜けて高いということはありませんでした。

2018年は他の年と比べて夏の電気代が高いですが、この年は連日外気温が35度を超え災害と言われたる酷暑の年です。外気温が35度以上の場合、エアコンの設定温度を30度にしても室内外の差は5度以上となるので例年よりも電気代が高くなるのは当然です。

体調を考慮し例年よりもエアコンを長い時間稼働していましたが、最高額の8月の電気代でも4・5・10・11月の平均値より約1700円高いだけで収まっていたので、思ったよりも電気代はかかっていない印象でした。

エアコンの電気代を節約する方法

設定温度を1℃上げる

よく言われている節約方法ですが、エアコンの設定温度を1℃上げるだけで電気代を10%節約出来ます。

前回の計算結果から考えると、ひとシーズンあたり約300円の節約に繋がりますね。

運転モードは『自動』にする

エアコンは部屋を冷やしている間が一番電気代がかかります。

一見、『弱』モードなどの方が電気代が節約になりそうですが、部屋を冷やすまでに時間がかかり結果的に電気代がかかってしまうようです。

設定温度までは一気に部屋を冷やし、冷えてからは効率良く快適な室温に保ってくれるので運転モードは『自動』に設定し、室温管理はエアコンにお任せにするのが節約になるそうですよ。

エアコンを頻繁につけたり消したりしない

部屋の中でじっとしているとエアコンが効きすぎて寒く感じる事がありますよね。

つけっぱなっしは寒いけど消すとすぐ部屋が暑くなってしまう時間帯の場合はエアコンの電源を切るのではなく、設定温度を上げ一旦エアコンの稼働を静止させる、暑くなってきたら設定温度を下げる方法で室温を調節する方が電気代の節約になります。

エアコンは稼働時に電気代を多く消費するため、切ったり入れたりを繰り返すとかえって電気代がかかってしまいます。

室外機の周りには物を置かない・直射日光を当てない

稼働中の室外機の前に行くと室内の熱を外へ出すため熱風が出ています。

室外機を覆ったり前に物を置いてしまうと空気が循環せずに、この熱風を吸い込むことになるのでエアコン効率を下げてしまいます。また、直射日光が当たる場所に設置してしまうと室外機周りが暑くなり、同じくエアコン効率を下げてしまいます。

やむを得ず日光の当たる場所に室外機を設置する場合は、空気の循環を邪魔しないように上手く日陰を作ってあげると電気代の節約になりますよ。

低価格のものから景観を邪魔しないオシャレなものまで、種類豊富にあるので室外機に直射日光が当たっている場合は検討してみて下さいね。

室外機カバーを探す
 
Amazonで探す
楽天市場で探す

冷やす部屋は出来るだけ、少なく&狭く

当然ですが冷やす範囲が少ない(狭い)方が電気代が少なくて済みます。

家族とリビングなどに集まって過ごすようにしたり、一人の時は(可能なら)より狭い部屋でエアコンをつけて過ごすようにすれば電気代が節約になります。

我が家はリビング階段のため階段から2階へ空気が移動してしまうので、階段とリビングの間に間仕切りカーテンを付けています。


SHOP 間仕切りサッとパタパタカーテン 100×200cm アコーディオンカーテン ブラウン グリーン ホワイト ベージュ 

我が家はベージュを購入しましたがレースなので昼間は階段からの光が通り部屋が暗くならないのが嬉しいです。

また、レースなので布地自体に隙間があるので購入当初は「本当に空気を遮断してくれるのか?」と不安でしたが、冬も夏もしっかりと役目を果たしてくれていますよ。

窓からの熱を遮断する

太陽光が差し込む場合はカーテンを閉めるだけでも室内温度があがりにくくなり節約効果が期待できます。

我が家では夏の間のみ日除けとして付けられるよう突っ張り棒ですだれを窓枠に付けていますが、日差しが和らぎレースのカーテンのみの時よりも室内が暑くなりにくくなっていると感じました。

遮熱効果の高いカーテンやフィルムを窓に貼るとより効果的に断熱できるので、節約効果もアップしますよ。

サーキュレーターを併用で効率よく冷やす

エアコンだけの力で部屋を冷やすよりもサーキュレーターも併用し効率よく部屋全体を冷やすことで電気代の節約につながります。

上の図を参考に効率よく冷気を循環させるように設置するのがポイントで、暖房と冷房時ではサーキュレーターの風向が異なるので注意ですね。

また、サーキュレーターの起こす風が体に当たると体感温度が下がるので同じエアコン設定温度でも涼しく感じますよ。

サーキュレーターは空気の循環の他にも換気・部屋干しの洗濯物を乾かすなど1年中利用でき、扇風機と違いコンパクトで場所も取らないので1台あると便利ですよ。

持っていない場合はぜひ購入を検討してみて下さいね。