水道光熱費はどのくらいが普通?節約するなら全国平均額以下を目指そう | H O P S T E P S H U F U


水道光熱費はどのくらいが普通?節約するなら全国平均額以下を目指そう

水道光熱費の節約

水道光熱費の節約を心がけている家庭も多いと思いますが、どの程度節約の効果が出ているのか分かり辛いですよね。

『節約してるつもりだけど本当に水道光熱費は抑えられているの?そもそも一般的には水道光熱費はどのくらいかかっているものなの?』と、気になったので同じ世帯人数の全国平均額を調べ、節約が出来ているのかチェックしてみました。

自分の家は使いすぎているのか節約できているのか確認してみて下さいね。

水道光熱費の全国平均額は?

全国約9000世帯の世帯を対象に調査をしている「家計調査結果」(総務省統計局)のデータを基に、電気・ガス・水道代それぞれのひと月当たりの平均支出を一覧にしてみました。

電気代の世帯人数別 平均支出額

(単位:円)2014年2015年2016年
1人世帯 5,565 5,599 5,320
2人世帯 9,830 9,763 8,933
3人世帯 11,406 11,296 10,321
4人世帯 12,512 11,843 10,867
5人世帯 13,512 13,698 12,108

ガス代の世帯人数別 平均支出額

(単位:円)2014年2015年2016年
1人世帯 3,307 3,291 2,999
2人世帯 5,125 5,006 4,444
3人世帯 6,083 6,064 5,170
4人世帯 6,190 6,115 5,276
5人世帯 6,003 6,437 5,127

※都市ガス・プロパンガス混在データ。

水道代の世帯人数別 平均支出額

(単位:円)2014年2015年2016年
1人世帯 2,029 2,092 2,145
2人世帯 4,133 4,222 4,160
3人世帯 5,230 5,326 5,371
4人世帯 5,904 5,978 6,044
5人世帯 6,758 7,173 6,932

「家計調査結果」(総務省統計局)』データより表を作成

※水道代は2か月ごとの請求なので、請求額と比較する際は上記表の金額を2倍にして比較して下さい。

住んでいる地域などによって差が出るとは思いますが、2人世帯であれば「電気代:9000円台・ガス代:5000円前後・水道代:4000円前半」ほどが全国の平均値のようです。

2人世帯の我が家の場合

節約を心がけているつもりの我が家ですが平均と比べて節約が出来ているのか不明だったため、1か月あたりの水道光熱費を2人世帯の全国平均額と比較してみました。
※Ricca宅の水道光熱費は2016年分の実際の支払額の1か月あたりの金額を使用。

(単位:円)全国平均Ricca宅
電気 8,9335,028
ガス 4,4442,714
水道 4,1601,628

水道光熱費(合計)

 17,5379,370

全ての項目で1人世帯の全国平均よりも少ないか同等という結果でした!

旦那が仕事の日は午前中~夜まで家にいないので電気代に関してはほぼ1人世帯のようなものですが、ガス・水道代に関しては節約の効果がかなり出ているのではないかなと思います。

自分の家の水道光熱費の支出額が世帯人数別の全国平均と比較して使いすぎている!という方は、まずは節約を意識して同じ世帯人数の全国平均額を目指すのが良いと思います。

節約の効果が出て全国平均額に収まるようになったら、さらに水道光熱費が安くなるように節約方法を見直してみて下さいね。

水道光熱費を抑える節約方法をチェック

我が家で実践している水道光熱費の節約方法や光熱費がいくらかかるかを計算している記事などもありますので、宜しければ節約の参考にしてみて下さい。