1人の時の暖房代を節約!快適に節電するためのオススメ防寒グッズ&工夫 | H O P S T E P S H U F U

1人の時の暖房代を節約!快適に節電するためのオススメ防寒グッズ&工夫

水道光熱費の節約

冬は日が短く外にいるのも寒いため、家にいる時間が長く電気代が高くなりがちですよね。

わが家は私が在宅勤務なので冬の暖房代が高くなりすぎないように、家に1人しかいない時間はなるべくエアコンをつけない・つけても設定温度を通常よりも低く設定して過ごしています。

私は冷え性で寒がりな上、体を冷やすとすぐ風邪をひいてしまうのですが、そんな私でも寒さに負けず快適に過ごせているおすすめの防寒グッズを紹介します。ぜひ節電の参考にしてみて下さいね。

とにかく厚着をする

厚着をして凌げる気温であれば電気代がかからないので節約方法としては1番です。

厚着をしたくらいでは過ごせない寒い日の場合でも、エアコン・ストーブなどの暖房器具の設定温度を薄着の時より低く設定しても暖かく過ごせるため節約効果はありますよ。

動きやすさと暖かさを兼ね備えたダウンベスト

ダウンベストは「袖がないから寒くない?」と敬遠していたのですが、ユニクロで大幅に値下げされていた時に試しに購入して着てみると、袖が無くても思った以上に暖かい!

薄いタイプであれば寒くなったらダウンベストの上からそのまま上着を着れる・袖がないから腕回りがもたつかないと良いこと尽くめでした。

ただ、部屋着として利用していると腰回りが寒く感じるので、次に購入するときは長めのロングダウンベストを検討してみようと思います。


SHOP アウター の中に着込みやすい!zootie(ズーティー)サニーヒート インナーロングベスト

ちなみに、以前着なくなってしまった薄手の長袖ダウンを部屋着として着てみたのですが、暖かいけど水仕事などの家事をするのに腕捲りがしにくい・かさばって動きにくい(気になる)など微妙でした。部屋着としてダウン素材を検討するならベストタイプをおすすめします。

Ricca
Ricca

部屋着に検討するなら…

  • 水仕事をしても気になりにくい撥水機能付き
  • 自宅で洗濯可能なタイプ
  • ポケットあり

がおすすめですよ!

下半身もやっぱりダウンが暖かい

ダウン素材のパンツとなると店舗で探しても置いてるところがなく、やっとワークマンで見つけて購入しました。裏ボア・裏フリースなど暖かい系のパンツを色々試しましたが、やっぱりダウン素材が1番暖かかったです。

ワークマンで購入したものは男女兼用だからかスリム感が足りず、女性が着るとちょっとスキーウェア感があります…。ネットで探した方がデザイン的に良いものが見つかるかもしれませんね。


SHOP 【キルトタイプ】防寒・防風ダウン羽毛パンツスリムストレート│CAROUGE(カルージュ)

ダウンパンツは暖かいのですがダウンのボリュームで「もったり」しがちです。いかにも防寒しています!という印象も強いので、急な来客に見られたら恥ずかしいという場合は次に紹介する方法が良いと思います。

部屋着だから見た目より暖かさを重視したい場合は暖かいのでおすすめですよ。

Ricca
Ricca

足首が出ると寒く感じるので、座っても足首をしっかり覆う長さ・すぼんでいるタイプがより暖かくておすすめです

巻きスカート・ブランケットで防寒

ダウンパンツを洗濯してしまっている時や真冬以外は、裏起毛などの防寒パンツ+ポンチョにも使えるタイプのブランケットを腰に巻いた格好をしています。腰に巻いているだけなので急な来客時も簡単に外すことが出来て便利ですよ。


SHOP 3WAYブランケット Prime la(プレミラ) リバーシブル ポンチョ 巻きスカート ひざ掛け

普通のひざ掛けでも良いのですが、ちょっと移動するのにいちいちどけるのが面倒・外したら寒い・ひざ掛けでは出てしまうお尻まで隠れて暖かいなどの理由で巻けるタイプがおすすめです。

ダウンパンツはスキーウェアを着ているみたいで恥ずかしいという場合も、スカートならダウン素材でも違和感なく着れるのではないでしょうか。


SHOP 巻きスカート ラップスカート ロング丈 裏ボア キルティング 裏起毛 撥水 静電気防止

薄手でひざ丈のダウンスカート(巻くタイプ)+暖かい素材のレギンスやタイツを併せて利用したことがありますが、真冬だとひざ下が出て寒いですがモモや腰回りは裏ボアなどのパンツよりは暖かく感じました。

Ricca
Ricca

おしゃれかと言われたら着こなしにもよると思いますが、ダウンパンツよりは断然おしゃれな感じの部屋着になりますし、巻くタイプのスカートならブランケットとしても使えて便利ですよ

防寒小物で体感温度をアップ

「首」部分を温めて体感温度をアップ

首・手首・足首の「首」部分は薄い皮膚のすぐ下に太い動脈が通っているため、気温の影響を受けやすく冷えやすい場所だと言われています。ここを冷やしてしまうと冷たい血液が全身に巡るため、体全体が冷えて寒さを感じやすくなります。

足湯や手湯だけでも体全体が温まった経験がある人も多いと思いますが、「首」部分を温めてあげると体の冷えを抑え寒さを感じにくくなります。

体感温度が高くなることでエアコンなどをつけなくても過ごせる時間が長くなったり、設定温度を低く設定しても快適に過ごせることが多くなるので電気代の節約に繋がりますよ。

首を温める

私の場合は手っ取り早く上着をタートルネックにして、髪の長さが大体いつも肩に付くくらいはあるので寒い時期は髪を下ろして過ごしています。

髪が短い場合や首元の冷えが気になる場合は、ネックウォーマーなど首を温める防寒グッズを身に着けると体感温度が上がり暖かく感じますよ。


SHOP nakota ナコタ ボタン付きマイクロボアネックウォーマー メンズ レディース

マフラーやストールでも良いのですが、家で過ごすにはボリュームがありすぎて邪魔になるので首の防寒に検討するなら「ネックウォーマー」がおすすめです。

私も髪が短い時や髪をまとめている時の首の冷えが気になる時に、ネックウォーマーを利用することがありますがゾクゾクした寒さがなくなる実感があります。

Ricca
Ricca

ニット素材は肌が敏感な場合チクチクする可能性があるため注意が必要ですが、首にピタッと当たるタイプの方が肌との隙間のスース―した寒さがなくおすすめです

手首を温める

私は手首が出ていると指先まで冷えてきてしまうため、部屋着はくるぶしまで覆う長さがあるものを選ぶようにしています。

身頃が多少大きくなってしまってもメンズの小さめサイズを選ぶと、レディースよりも袖や裄丈が長めに作られているので手首までしっかりと覆われることが多いのでおすすめですよ。

手首が隠れていても、真冬はどうしても肌が晒されている手先が冷たくなってしまうため、パソコン作業をする時は指部分がないハンドウォーマーをしています。


SHOP glamore femtech (グラモアフェムテック) ハンドウォーマー FT0077A【日本製】

指以外と手首部分まで覆われるので指先が出ていても、室内にいる分には指先が冷え切ることなく過ごせています。

Ricca
Ricca

暖かいだろうと厚手のものを購入したらマウスが握りにくくなってしまったので、パソコン作業をする際は厚みが薄手の方がマウスやキーボード操作の邪魔にならないですよ。

足首を温める

冬は靴下で覆われていることも多い足首ですが、冷気の溜まる足元で他の部分より薄着になりがちな部分です。

ブランケットをかけたり暖かい素材のスリッパを履いても足首は出てしまうことがほとんど、椅子に座るとパンツの裾が引っ張られて足首部分を防寒しているのは靴下のみという状況に。

足首の防寒が不十分だと足先まで冷え切り寒く感じるので私はレッグウォーマーを利用しています。


参考商品レッグウォーマー ロング丈 裏ボア 厚手

上の商品のようにパンツの上から着用すれば座っても足首が出てしまうこともなく、クシュクシュとたぐませれば足首に密着してパンツ裾の隙間も埋まるので暖かいですよ。

Ricca
Ricca

パンツの中にしまってスッキリ履きたい場合は、薄手や足首部分のみの短いタイプもありますよ

足先を温めて体感温度をアップ

首部分同様、足先も冷えやすい・寒いと感じる人が多いと思います。冷え性の私は足先が1度冷えてしまうとなかなか温まらない上、対策をしないと氷の様に冷たくなるので、出来るだけ冷えないように気を付けています。

フローリングの場合は冷たい床の上を歩くだけで足が冷えてしまうので、スリッパを履くだけでも違いますよ。

靴下で足先を温める

Photo by:さとう310(PhotoAC)

上記画像のようなモコモコ生地の靴下の触り心地は好きなのですが、真冬に履くと暖かさが物足りないため、私は普通の靴下の素材で厚手生地の靴下を履いています。

現在愛用しているのは「チュチュアンナ」の『毛布のような暖かさ』と人気の厚手靴下です。


SHOP チュチュアンナ 【3足組】まるで毛布!のような暖かさ発熱裏起毛ソックス

中が裏起毛になっていて生地はかなり厚手ですが、その分真冬でも保温力が高く冷えにくく感じますよ。

擦れに弱いのか表面の毛玉がすごいのと内側の起毛が塊になりやすいですが、ルームソックスとして使用しているので私は特に気になりませんでした。

Ricca
Ricca

足裏は発汗量が多く、吸湿発熱素材の効果を得やすいそうです。選ぶ際は発熱機能も視野に入れるとより暖かく過ごせそうですよ。

室内ブーツで足先を温める

足先の防寒でおすすめなのが「室内用ブーツ」です。

こちらもワークマンで見つけて購入してみたのですが、スリッパや足先のみのフットカバーと違い足首まで覆ってくれるので、冷えやすい足元もしっかり保温され冷えにくく感じます。

ルームブーツが暖かくて良いとおすすめしたら、父はミズノのルームブーツを購入していました。ワークマンとの価格差は定価でも500円以下のようなので、思ったより高くないみたいです。

形はワークマンのルームブーツは履き口部分がブルゾンなどのリブ袖のようになっているので、スカートやワイドパンツを履くことが多い場合は、ワークマンのような形の方が履き口からの寒さも少なく便利だと思います。

ミズノのように口部分を絞れるものでも寒さは和らぎますが、脱ぎ履きするのにいちいち緩めたり絞ったりが面倒に感じそうです。

パンツの場合、ワークマンのタイプは裾をブーツに入れても出しても足首付近が締め付けられる感覚があるので、ゆったり履きたい場合は窮屈に感じるかもしれません。パンツを履くことが多い場合はミズノのタイプの履き口の方が快適に履けると思いますよ。

Ricca
Ricca

私はいつもパンツを履いているので、今のルームブーツががヘタってきたらミズノタイプを検討しようと思います

省電力な暖房器具で電気代を節約

エアコンやストーブで部屋全体を温めるのは電気代が気になるだけでなく、頭付近が暖かくなってボーっとする・眠くなるのに足元は寒くて足先が冷えるため、使わなくて済むなら使いたくない。でも、厚着だけでは寒さを凌ぐのは限界…。

そこで、電気代がさほどかからず1人暖房として使える暖房器具を色々試してみました。

どの暖房器具も百数ワットから数十ワットと消費電力が少なく、補助暖房としてしっかり身体も温めてくれるので昼間はエアコンなしでも過ごせることが多いので節電にもなりますよ。

パネルヒーターで電気代を節約

省電力な暖房器具はこちらで紹介するものは全て使いましたが、私の1番のおすすめはパネルヒーターです。


SHOP 楽天1位 パネルヒーター 遠赤外線 デスクヒーター

こたつよりも省スペースで設置・収納に困らず、ブランケットと併用すればこたつの様に暖かく、こたつと同等程度の電気代で使えますよ。

パネルヒーターについては別の記事で詳しく紹介しているので、良かったら参考にしてみて下さい。

電気ブランケットで電気代を節約

私が1人用の暖房としてまず試したのが広電(KODEN)というメーカーの電気ブランケット「CWN147-PC」でした。

大きさが140×82cmと大判のひざ掛け程度、本体部分は洗濯機で丸洗いOK、柄が普通のブランケットみたいで可愛いかったので購入を決めました。

また、このひざ掛けは本体のプラグからコントローラー側のコードを抜くだけで、洗濯機で丸洗いが出来るのでお手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

電気代は1時間で強でも約1.17円、弱なら約0.11円と1日8時間使っても、1日あたり約9.36円から0.88円、30日間でも約280円から26.4円と電気代を気にすることなく使えますよ。

電気ブランケットの使い心地

電熱線が入っているからもっとゴワゴワしているかと思っていましたが、生地の触り心地は思った以上に柔らかく感じました。電熱線は触ればすぐ分かりますが、私は使用していて気になることはありません。

発熱部分が体に触れているので、冷え性で冷たくなりがちな体(私の場合は特に腿と下腹部)が直接温められてぽかぽかと暖かいです。ブランケットなので上半身の冷えが気になる時は、ショールのように肩にかけて使うことも可能ですよ。

普通のブランケットを上にかければ、電気ブランケットの熱が保温されて弱でも十分暖かく感じます。

電気ブランケットだけでは真冬は厳しかった

真冬の寒さになってくると上に普通のブランケットをかけていても、昼でもメイン暖房なしで過ごすにはちょっと厳しかったです。

元々体が冷えやすいからか、ブランケットが当たらない脚の背面(ふくらはぎとか)や足先の温められない部分が冷えてしまい寒く感じました。

熱源部分が少しでも多く体に当たるように腰回り~膝上をくるんでみたり、ブランケットを縦にして足先の方まで当たるようにしたりしましたが、当たらない部分がどうしても出来てしまうため寒さの改善は出来ず…。

私の場合は紹介した防寒グッズを全て身に着けても体が冷えてしまうため、メイン暖房なしで過ごす目的に使用するのは真冬は厳しかったです。

暑がりな人や体の一部が温められれば体全体が温まる人ならメイン暖房なしでも暖かく過ごせるかもしれません。

電気ブランケットがおすすめな人

メイン暖房の設定温度を低く設定するために補助暖房として使用したい、オフィスなどで室温の調整が出来ず寒いから1人用暖房が欲しい人などにおすすめです。

1人用ミニホットカーペットで電気代を節約

電気ブランケットと合わせ技で使えばもっと暖かく過ごせるはず!と、私が次に1人暖房用として購入したのがテクノスというメーカーの1人用ホットカーペット「ミニマットマイヤー テクノヒート EC-K410H」でした。

表面が吸湿発熱素材で電源を入れていなくても温かい・強さの調整が出来る(強弱)・素材がいかにもホットカーペットじゃないのが良いなと思い購入を決めました。

電気代は1時間で強:約0.6円・弱:約0.5円と、1日8時間使っても1日あたり約4~5円、30日間でも約120~150円とほとんど電気代を気にすることなく使えます。

1人用ホットカーペットの使い心地

お尻の下に敷いてみると弱でもかなり温かく、ダウンパンツの中に裏ボアのレギンスを履いていても長時間座っていると熱く感じることがあるほどでした。

ブランケットなどを併用しないと寒いですが、電気ブランケット以上に体の広い面が熱源に密着するのと温度が高いからか、同じブランケットを併用の場合は電気ブランケット+ブランケットよりも暖かく感じましたよ。

電気ブランケット+ブランケットを掛けることで、真冬でも昼間の暖かい時間帯はエアコンなしでも過ごせるようになりました。

1人用ホットカーペットがおすすめな人

何かを掛けたりするのは煩わしいけど電気代がかからない暖房が欲しい人、足先の冷えが気になる・足先を集中的に温めたい人、大きいホットカーペットは要らない人に特におすすめです。

また電気ブランケット同様、メイン暖房の補助暖房に使いたい人、オフィスの寒さ対策に1人用の暖房が欲しい人にもおすすめですよ。

1人の時の暖房代節約:まとめ

電気代は節約したいけど部屋もある程度は暖かくしておきたい場合

防寒グッズで効果的に体感温度をアップして、メインの暖房器具の設定温度を少しでも低くすることで電気代の節約を検討してみて下さい。

出来る限り1人の時の電気代を節約したい場合

防寒グッズにプラスで消費電力が少ない暖房器具を利用して、メインの暖房器具を使用する時間を減らすことで電気代の節約を検討してみて下さい。

Ricca
Ricca

寒いのを我慢して体調を崩してしまっては元も子もないので、無理のない範囲で自分の生活に合いそうな防寒グッズを取り入れて電気代の節約をして下さいね