リビング階段の寒さ対策にパタパタ畳めるアコーディオンカーテンが優秀でした! | H O P S T E P S H U F U

リビング階段の寒さ対策にパタパタ畳めるアコーディオンカーテンが優秀でした!

水道光熱費の節約

帰宅後、必ずリビングを通ることになり家族が自然と顔を合わせられる動線になるなどで人気のリビング階段ですが、上階と下階の温度差があると断熱対策に悩んでいる人も多いようです。

リビング階段の寒さ対策に、まずはカーテンや布などで開口部を覆う対策をする人も多いと思います。

我が家でもリビングへの空気の吹き抜け状態をどうにかしようと、ソファ用に購入していたマルチカバーをカーテン代わりに取り付けていましたが、ここ数年はアコーディオンカーテン(パタパタカーテン)で落ち着いています。

約5年使用してみて良かった点・いまいちな点を紹介しているので、リビング階段の寒さ対策の1つとして参考にしてみて下さい。

Ricca
Ricca

これから家を建てるという場合は、リビング階段にするならコストが上がっても初めから扉を付けることをおすすめします

購入したアコーディオンカーテン

我が家で購入したアコーディオンカーテンは「間仕切りサッとパタパタカーテン」という商品です。

アコーディオンのように蛇腹状になっていて、名前の通りパタパタと畳めるカーテンです。上部にあらかじめ棒を通すための穴が開けられていて、突っ張り棒などに通すだけなので簡単に設置出来ますよ。

蛇腹に折れる部分で切ることが可能となっていて、折るとカーテンと違いぺたんこになるのでコンパクトに収まってくれます。


上の画像右側にあるのが約5年使用している折った状態のパタパタカーテン。

長さは250cmと長めで長い場合はマス目部分で切ることが可能ですが、わが家では切らずに裾が床に着く位置になるよう調整して突っ張り棒で取り付けています。

突っ張り棒は100均のものを使っていますが、引っ張ったり無理な力を加えない限り落ちることはありません。

真冬(夜)や雪が降るような寒い日は元々使用していた薄手のマルチカバーも併用していますが(上の画像左側にまとまっているのがマルチカバー)見た目以上に冷気を遮断してくれますよ。

上部から取り付けることで上から暖かい空気が逃げにくくなっているような?気もします。

私が購入した時は花柄のみでしたが、今は市松模様も選べるようです。


SHOP 間仕切りサッとパタパタカーテン≪95×265cm≫ 日本製 アコーディオンカーテン

アコーディオンカーテン ここが良かった!

思った以上に空気の移動を遮断してくれる

カットするためのマス目部分・透かし模様部分など、思ったよりも細かい穴が開いていて着ける前は「本当に断熱効果あるのかな?」と思っていましたが、着けてみるとアコーディオンカーテンを挟んで階段側とリビング側の室温は明らかに違います。

また、きちんと閉めずに隙間が開いていると冷たい空気が流れてくるのを感じるので、見た目以上に断熱効果が高いと感じますよ。

使わない時期もコンパクトになるから邪魔にならない

目隠しとして利用していないため、季節家電を使用しない時期や過ごしやすい気候の春・秋などは、前述のように畳んで端に寄せたままにしています。

選ぶ色にもよりますが壁と似たような色だとほとんど目立たないので、使用しない時期に付けっぱなしでも気にならないですよ。

カーテンや普通の布だと薄手の生地でも多少膨らむため、幅広のものを持って通ろうとすると引っ掛けてしまったり、特に使わない時期は邪魔に感じる場合もなくはないです。

アコーディオンカーテンはカーテンのヒダと違って、使用したり洗ったりするうちに折り目が甘くなって、畳んだ時のボリュームが出てくるということもありません。

出入りが頻繁・手が塞がっていても通りやすい

リビング階段の寒さ対策には扉がベストですが、頻繁に出入りをしたり手が塞がった状態では開け閉めに不便を感じることもあるかもしれません。

カーテンや布も厚手のしっかりした生地なら大丈夫だと思いますが、前の画像にも写っているアコーディオンカーテンと併用している布は薄手でガサガサした綿素材なため、体をこじ入れるように通ると服などに絡まってくることもしばしば…。

旦那は引っ掛かったまま無理に通ろうとするのか、たまに突っ張り棒が外れて布ごと落としていました。

アコーディオンカーテンはパタパタ折れる程度に生地に張りがあるので絡まってきて危ないと感じたことはありません。

また、カーテンやのれんのように捲れるので手が塞がっていても特に問題なく通れますよ。

ロールスクリーン、扉よりお手頃価格

扉に関してはDIYで作ってしまう人もいるみたいですが、わが家は階段の手すりがリビング側に少し飛び出していて切る必要がある・扉を開ける側になる方にインターホンのモニターがあるなど素人DIYではハードルが高いと断念しました。

ロールスクリーンも良くあるリビング階段の寒さ対策の1つで、わが家でも検討したのですが『1万円前後と思ったよりも高額になりそう』『開け閉めにいちいち屈むか巻き上げる必要があるのが面倒くさそう』と感じて候補から外しました。

今思うとロールスクリーンだと手すりが出っ張って干渉していたので、ロールスクリーンにしなくて良かったと思いました。

私が購入した「間仕切りサッとパタパタカーテン」は4000円以下だったので、ロールスクリーンの半分ほどの金額で済みました。

光を通す・圧迫感がない

我が家のリビングは階段部分からの日差しが遮られると暗くなってしまうため、閉めても光を通してくれるベージュにして正解でした。

また、階段の位置がリビングの中央なので壁の色となじんで圧迫感がないのも気に入っています。

反対になるべく透けて見えて欲しくない・遮光効果も欲しい場合は、ベージュよりも濃い色を選んだ方が良さそうですよ。

アコーディオンカーテンのいまいちだった点

真冬は断熱効果が心もとない

断熱効果は高いと感じるものの、どうしても透かし部分から冷たい空気が入ってきてしまうので、真冬は裏に元々使っていた薄手のマルチカバーを着けています。

ただ、両脇にそれなりの隙間が出来るロールスクリーンよりは冷気の移動が少なく済んでいるのではないかなと思いました。

ロールスクリーンを使用している窓は閉まっていても脇に出来る隙間から冷風がスース―流れ込んでくるので…。

開け閉めがしにくい

生地部分に直接穴が開いていて固いリングなどが付いているわけではないため摩擦で動かしにくいのと、突っ張り棒の伸びる部分の段差が引っ掛かってしまいスムーズに開閉出来ません。

突っ張り棒部分は2m以上の高さで手は全く届かないため、階段に登って階段側からカーテン上部を持って開閉しています。

ただ裏側にカーテンリングで吊るしているマルチカバーも同様にスムーズに開閉出来ないので、アコーディオンカーテンだけの問題ではないのと、完全に開閉するのは階段を通りかかったついでにすることが多いので、すごくストレスという訳ではありません。

通るだけならカーテンをまくれば通れるので、そもそも開閉すること自体が少ないです。

まとめ:アコーディオンカーテンがおすすめな人

  • 低予算でリビング階段の寒さ対策をしたい
  • 手軽にリビング階段の寒さ対策をしたい
  • 使わない時はコンパクトになって欲しい
  • いかにも寒さ対策をしているように見えるカーテンなどは着けたくない

他にも犬や猫が通れて断熱対策が出来るから良かったという口コミもありましたよ。

リビング階段の寒さ対策に何が良いか迷っている場合は、ぜひ1度アコーディオンカーテンを検討してみて下さいね。