写真年賀状の自宅印刷のコストを計算!コスパが良いか検討しました | H O P S T E P S H U F U

写真年賀状の自宅印刷のコストを計算!コスパが良いか検討しました

その他の節約

我が家では年賀状は毎年自宅で印刷しているのですが、結婚式の写真を使った写真年賀状を作成する際に、ふと疑問が…。

Ricca
Ricca
写真プリントは自宅プリントよりもネットプリントサービスを利用する方が安かったけど、写真年賀状もネット注文の方が安いのかな?

そこで写真年賀状を自宅で印刷するのにかかる金額を調べて、写真年賀状を注文した場合を比較してみました!

年賀状作成にかかる金額だけでなく、メリット・デメリットなどの面も含めた『コストパフォーマンス』としてどうなのかも考えてみたので参考にしてみて下さい。

ネット注文時の写真年賀状の種類について

まず、写真年賀状についてですが「写真タイプ」と「印刷タイプ」の2種類があります。

写真タイプとは?

写真を使用したデザイン面と年賀はがきを貼り合わせる仕上げるのが「写真タイプ」です。

デザイン面は店舗によっては昔ながらの写真印刷の製法を取っているため、写真のそのものの品質となります。また、年賀状自体に厚みが出て高級感がありますよ。

その代わり、年賀状1枚当たりにかかる金額は印刷タイプよりも高めに設定されているお店が多いです。

自分で貼り合わせて作成するのはハードルが高いため、写真タイプの自宅印刷の金額は写真の様に光沢のある用紙の年賀状で作成した場合として計算しています。

印刷タイプとは?

年賀状自体にデザインを直接印刷して作成する方法が「印刷タイプ」で、自宅で写真入りの年賀状を印刷する場合はこちらの方法で作成している場合が多いと思います。

年賀状をインクジェット用にすると普通紙よりもより鮮やかにきれいに仕上がり、年賀はがきの料金も普通紙の年賀状と変わらないので利用している人も多いと思います。

高品質・高級感の面では写真タイプとの差が大きいですが、年賀状1枚当たりの価格を抑えられるというメリットがあります。

自宅で写真年賀状50枚を印刷するのに必要なもの・金額

※自宅で年賀状印刷を検討している時点でプリンターはすでに持っているものと考え、プリンター本体は年賀状の自宅印刷のコストには含んでいません。

年賀はがき代

※年賀はがきの金額は2021年時点の金額です。

写真タイプ

インクジェット写真用:73円/枚
※インクジェット写真用は写真の様な光沢のあるツルっとした紙質で、染料系インクジェットプリンター専用です。

73円×50枚=3650円

印刷タイプ

インクジェット紙:63円/枚
※普通紙の年賀はがきも金額は同じです。

63円×50枚=3150円

年賀状作成ソフト代

年賀状作成ソフトがなくてもWordなどを利用して作れなくもないですが、相当使い慣れてないと時間がかかってしまうと思います。

年賀状作成ソフトは名前の通り年賀状作成に特化したソフトのため、宛名面からデザイン面の作成まで慣れてしまえば効率よく作業を進められますよ。

PCが苦手でも年賀状が作りやすいと思いますので、自宅作成を考えている場合は年賀状作成ソフトを購入するのがおすすめです。

我が家ではずっと「筆まめ」を利用しています↓↓

筆まめ
SHOP 筆まめ

結婚前からずっと使っていて使い慣れていたため、結婚後も引き続き筆まめを愛用しています。

筆まめ 通常版』をメーカー定価で購入すると6490円ですが、毎年新しいソフトを買いなおす必要はありません。

翌年以降の干支のテンプレートや素材がない等の不便はありますが、後述する年賀状素材集やフリー素材等を利用すれば年賀状の作成は可能です。

買い替えはパソコンのOSが対応しなくなった・使いたい機能が搭載された等のタイミングで考えれば十分だと思います。

すでに古いバージョンの筆まめを持っている場合は通常版ではなく『筆まめ アップグレード・乗り換え専用』でOKなので、メーカー定価3740円で購入できますよ。※アップグレード対象かは公式サイトを要確認の上、自己責任で購入して下さい。

筆まめを10年使用する場合
 6490円÷10年=税込649円/年

『筆まめ』ってどんなソフト?

2020年で30周年を迎え、販売本数21年連続1位(株式会社BCN調べ:1999年~2019年)を獲得している人気の年賀状作成ソフトです。

PCが苦手・年賀状作成ソフトが初めてでも、操作が分かりやすい「はじめてモード」が搭載されていて安心です。

ある程度PC操作に慣れている人であれば、気に入ったフリー素材や画像・写真を組み合わせることで、白紙からオリジナルデザインの年賀状を作ることもできます。

宛名面も1度送り先の名前・住所を登録してしまえば、翌年からは年賀状を出す相手を選んで宛名印刷するだけなので楽ですよ。

翌年からは年賀状デザインだけ購入も可能!

自分でフリー素材を探して作成するのは難しそう・時間がないという人には、デザイン・素材集を購入するのがおすすめです。

幅広い年代・送り先にも対応出来る豊富なデザインから年賀状を作成可能で、価格も500円前後とお手頃ですよ。

印刷(インク)代

国内の家庭プリンターのシェアはエプソンとキャノンで80%以上になるようですので、各メーカーの年賀状にかかるインク代はエプソンとキャノンの場合として調べることにしました。

宛名面の印刷(インク)代

キャノンのHPに年賀状の宛名面にかかるコストについて「約1.1円」とあったので、そちらの金額をそのまま使用したいと思います。

エプソンは年賀状のコストについて記載が見当たらなかったのと、宛名面に関しては印刷部分がデザイン面に比べると少量と考えると金額はほぼ同じだろうと考えました。

1.1円×50枚=55円

デザイン面の印刷(インク)代の算出方法について

年賀状の自宅印刷にかかるデザイン面のインク代は「インク本体の金額が店舗で異なる」「年賀状デザインによってインク使用量が異なる」など条件によってコストが変わってくるため、どのように算出しようか迷い、ひとまず家電量販店の店員さんに聞いてみました。

Ricca
Ricca

年賀状を作るのにネット注文も安いところが多いので、自宅で作るのとどちらがコストがかからないのか気になって…

Ricca
Ricca

自宅で年賀状を作る時のコストが知りたいのですが、目安になる金額が分かるようなカタログとかありますか?

写真を使った年賀状なら、カタログに載っている【L版写真にかかるプリントコスト】とほとんど変わらないと思いますよ

Ricca
Ricca

分かりました。ありがとうございます

「写真を使う年賀状なら写真プリントとコストはあまり変わらない」という回答をもらいましたが、差出人や挨拶文部分は白背景など全面写真ではない場合も多く、本当にほとんど変わらないコストになるのかモヤモヤ。

「実際にどの程度インクを使うのか実験出来ればいいけど出来ないし」と思っていたら、家電量販店のJoshinが『インクが無くなるまでに年賀状を何枚印刷できるか』という実験をしてくれていました!

純正インク比較対決※2017年モデル

メーカーエプソンキャノンブラザー
使用機種Colorio
EP-879AW
PIXUS
TS8030
PRIVIO
DCP-J968N
使用インクKUI-6CL-L
(増量)
BCI-371XL
+370XL/6MP
(大容量)
LC211-4PK
L版プリント
1枚あたりのコスト
(税込)*1
22.7円17.5円20.5円
インクが無くなるまで
に印刷できた枚数
384枚494枚162枚

*1:メーカー調べ※2021年時点の税率10%の税込金額を記載

印刷条件

  • 用紙種類:インクジェットはがき
  • 印刷品質:標準
  • 新品の純正インク使用
  • 全機種クリーニングとノズルチェックパターンの印刷を1回づつ実施

印刷した年賀状デザイン

参考:Joshin webショップ「純正インク比較対決 年賀状の印刷で比べてみた!」https://joshinweb.jp/peripheral/pibattle.html

上記の実験で使用しているメーカー公式オンラインショップのインク価格(税込)は次の通りでした(2021年12月時点)。

  • エプソン(KUI-6CL-L 増量):8063円
  • キャノン(BCI-371XL+370XL/6MP 大容量):8140円
  • ブラザー(LC211-4PK):4136円

このインク価格を実際に印刷できた枚数で割って1枚あたりにかかったコストを計算してみると。

  • エプソン:8063円÷384枚=約21円/枚
  • キャノン:8140円÷494枚=約16.5円/枚
  • ブラザー:4136円÷162枚=約25.5円/枚

メーカー調べの『L版写真1枚あたりのコスト』との差は、エプソンとキャノンはマイナス約1.7円・1円、ブラザーはプラス約5円という結果になりました。

エプソンとキャノンに関しては店員さんの言うように『L版写真にかかるコスト≒年賀状にかかるコスト』と考えて問題ない範囲の誤差のようなので、カタログ記載の『L版写真1枚あたりのコスト』をデザイン面のインク代と考えて計算していきたいと思います。

デザイン面の印刷(インク)代

インク代の参考にする機種は、2021年12月時点の家電量販店やAmazonなどの売れ筋(人気)ランキングをいくつか見て下記に決めました。

エプソン「Colorio EW-452A」

  • L版写真1枚あたり:約28.3円※カタログ参考
  • 約28.3円×50枚=約1415円

キャノン「PIXUS TS7530」

  • L版写真1枚あたり:約31.8円※カタログ参考
  • 約31.8円×50枚=約1590円

プリンターインクは予備を準備しておこう!

年賀状の印刷枚数やデザイン面のデザイン(インクの使用量が多いデザインかどうか)にもよりますが、予備のインクを準備しておくのがベストです。

全色満タンで50枚程度しか印刷しないとかであれば、途中でインク切れになる可能性は低いとは思いますが、普段プリンターを利用していてインクの減りがまちまちの場合、途中でインク切れを起こす可能性があります。

また、普段からプリンターを使っている場合はインクが使える状態だと思いますが、ほとんどプリンターを使っていない場合はインクが固まっている場合があるので注意が必要です。

各メーカーのプリンターと互換性のある安いインクが色々と出ていますが、プリンターが故障した際に保証が利かなくなってしまうなどのリスクがあるので注意が必要です。
トラブル発生時に自分で対応出来ないと思う場合は、高いですがメーカー純正のインクを使うのが安心ですよ。

写真年賀状50枚を自宅印刷した場合の合計金額

年賀状を自宅印刷するのにかかる各金額が揃ったので、年賀状を50枚自宅印刷で作成した場合にかかる合計金額を計算します。

写真タイプの写真年賀状50枚を自宅印刷した場合の合計金額

エプソンの場合

  • 年賀はがき代:3650円
  • 年賀状作成ソフト:649円/年
    ※筆まめ通常版を10年使うと想定
  • デザイン・素材集:約500円
  • 印刷代:宛名面約55円+デザイン面約1415円=約1470円
合計金額(税込)

  • 素材集あり:約6269円(年賀状1枚あたり約125円)
  • 素材集なし:約5769円(年賀状1枚あたり約115円)

キャノンの場合

  • 年賀はがき代:3650円
  • 年賀状作成ソフト:649円/年
    ※筆まめ通常版を10年使うと想定
  • デザイン・素材集:約500円
  • 印刷代:宛名面約55円+デザイン面約1590円=約1645円
合計金額(税込)

  • 素材集あり:約6444円(年賀状1枚あたり約129円)
  • 素材集なし:約5944円(年賀状1枚あたり約119円)

印刷タイプの写真年賀状50枚を自宅印刷した場合の合計金額

エプソンの場合

  • 年賀はがき代:3150円
  • 年賀状作成ソフト:649円/年
    ※筆まめ通常版を10年使うと想定
  • デザイン・素材集:約500円
  • 印刷代:宛名面約55円+デザイン面約1415円=約1470円
合計金額(税込)

  • 素材集あり:約5769円(年賀状1枚あたり約115円)
  • 素材集なし:約5269円(年賀状1枚あたり約105円)

キャノンの場合

  • 年賀はがき代:3150円
  • 年賀状作成ソフト:649円/年
    ※筆まめ通常版を10年使うと想定
  • デザイン・素材集:約500円
  • 印刷代:宛名面約55円+デザイン面約1590円=約1645円
合計金額(税込)

  • 素材集あり:約5944円(年賀状1枚あたり約119円)
  • 素材集なし:約5444円(年賀状1枚あたり約109円)

自宅印刷とネット注文の写真年賀状のコスト比較

写真年賀状50枚をネット注文した場合の合計金額

ネット注文の合計金額として参考にした店舗は、富士フィルムグループの年賀状印刷サービス「ウェブポ」です。

ウェブポ(年賀状総合サービス)
【年賀状】1枚お試しご注文で ウェブポの便利さをご体験ください

写真を年賀はがきに貼り付ける写真タイプと、年賀はがきに直接印刷をする印刷タイプの注文合計金額を計算します。

注文合計金額に含むのは、年賀状50枚分の「デザイン面の料金+宛名印刷代+配送料+はがき代」です。

ウェブポの料金

  • 基本料:なし
  • 印刷料:
    写真タイプ:4400円(88円/枚)
    印刷タイプ:3150円(63円/枚)
    ※大口割引50枚以上20%引きの金額
  • 宛名印刷:無料
  • 送料:10枚以上無料なので無料
  • 年賀はがき代:3150円
合計金額(税込)

  • 写真タイプ:7550円(年賀状1枚あたり151円)
  • 印刷タイプ:6300円(年賀状1枚あたり126円)

自宅印刷とネット注文の合計金額を比較:写真タイプ

エプソンの場合

自宅印刷

  • 素材集あり:約6269円
  • 素材集なし:約5769円

ネット注文

  • 7550円

差額は「素材集あり:約1300円」「素材集なし:約1800円」という結果に!

キャノンの場合

自宅印刷

  • 素材集あり:約6444円
  • 素材集なし:約5944円

ネット注文

  • 7550円

差額は「素材集あり:約1100円」「素材集なし:約1600円」という結果に!

自宅印刷とネット注文の合計金額を比較:印刷タイプ

エプソンの場合

自宅印刷

  • 素材集あり:約5769円
  • 素材集なし:約5269円

ネット注文

  • 6300円

差額は「素材集あり:約530円」「素材集なし:約1030円」という結果に!

キャノンの場合

自宅印刷

  • 素材集あり:約5944円
  • 素材集なし:約5444円

ネット注文

  • 6300円

差額は「素材集あり:約360円」「素材集なし:約860円」という結果に!

自宅印刷とネット注文の金額を比較してみて

当記事の比較条件では写真タイプで約1100~1800円と2000円以内、印刷タイプでは約360~1030円と1000円以内にほとんど収まるという結果になりました。

また、今回は注文時期によって割引率の変更がない「ウェブポ」を比較対象のネット注文店としましたが、ウェブポよりも料金が安いお店もあるので最安値のお店で作成すればもっと差額が少なくなりますよ。

年賀状の自宅印刷のメリット・デメリット

自宅印刷のメリット

  • 年賀状の作成費用を工夫次第でもっと安く抑えられる
  • 必要な枚数をすぐ印刷・追加できる
  • 自分の好きなように年賀状デザインを作成出来る

年賀状の自宅印刷の最大のメリットは何といっても金額を安く抑えられることです。

デザイン面を白地を多くしてインク消費量を減らす・少しでも安いお店でインクを買うなどの工夫をすれば、こちらの記事の結果よりもコストダウンになるはずです。

PCに苦手意識があまりなく、年賀状を作成する時間が取れる場合は自宅印刷をおすすめします。

急な枚数変更も自在と自由度が高いのもメリットの1つですね。

自宅印刷のデメリット

  • プリンターの設定やトラブルが起きても自分で対応しないといけない
  • ミスプリントが出る可能性がある
  • 年賀状デザインの作成から印刷まで全て自分で行うため年賀状作成に時間がかかる
  • 市販・注文に比べて品質・高級感が劣る可能性がある

自宅印刷の最大のデメリットは、当然ですが何かトラブルが発生した時に全て自分で対処しないといけないところです。

印刷をしてみたら印刷範囲からはみ出ていてデザインが切れていた、宛名面がズレていた、印刷向きを間違えた、インクが途中で切れた・かすれた、プリンターのクリーニングが必要でハガキが汚れた…等々。

ちゃんと試し印刷をした上で本番も様子を見ていないと、何枚も年賀はがきを無駄にする羽目になることもあるので注意が必要です。

メリット部分とは逆にミスをした分、インク代・年賀はがき代のコストがかさんでしまう・コスト優先で白っぽいデザインにすると寂しい印象になるなどもデメリットですね。

Ricca
Ricca

私も1枚も失敗しなかった・トラブルがなかったという年はほとんどありません…

結婚式の写真年賀状の自宅印刷をしてみた感想

私たちは最終的に自宅印刷(年賀ハガキはインクジェット写真用を利用)で結婚式の写真年賀状を送りました。

自宅印刷にした最大の理由は、フォトラウンドで各テーブルごとに撮った写真を年賀状デザインに考えていたからです。

写っているゲストごとに年賀状を送り分け(+結婚式に呼んではいないけど年賀状のやり取りがある人の分)とするとデザインが数種類になるので、注文するより自分で作った方が良いかなと思ったからです。

元々、毎年自宅印刷で年賀状を作っていて苦手意識がなかったのと、年賀状の品質はそこまでこだわりがなかったので私たちは自宅印刷で満足でした。

写真年賀状の自宅印刷をオススメ出来ない人

品質が気になる人

他の人から来た写真タイプの写真年賀状と一緒に自分の年賀状を受け取られた場合、年賀状の厚みが全然違うのでどうしても見劣りしてしまいます。実際に手に取って比べると一目瞭然ですよね。

私はどちらを受け取っても気にしないですが、気になる方(親戚など気にしそうな方がいる場合など)は結婚式や子供のイベント時など特別な年の写真年賀状はお店に注文し、それ以外の年は自宅印刷にするなど使い分けるのが良いかもしれません。

年賀状を作る時間がない人

初めて年賀状作成ソフトを使用する場合は、いくら簡単に出来るように作られているとはいえ、初期設定から始めてデザインも作成していると思った以上に時間がかかってしまうと思います。

さらに、フリー素材を利用する場合は自分でデザイン素材を探し、差出人や挨拶文を入れたり年賀状をデザインする手間がかかります。「何かちょっと微妙だなー」とかやっていると、意外と時間が過ぎてしまい年末ギリギリになんてことも。

また、デザインやプリンター自体の性能・設定などにもよりますが、写真なしのデザインに比べると印刷時間もかかります。

プリンターを年賀状作成時くらいしか使っていない人

普段ほとんどプリンターを使っておらず、インクが固まっていたりノズル汚れが毎年のように起きているようなら、無駄にしてしまっているインク代を考えるとネット注文の方が安く済む可能性が高いと思います。

まとめ

自宅印刷との差額は大きくても2000円以下と思ったほどの差ではないので、年賀状を自分で全て作る手間と労力を考えると、ネット注文の方がコストパフォーマンスが良いと考える人も多そうだなと感じました。

また、ネット注文店のデザインは無料テンプレートに比べてデザイン性が高いものが豊富で、少し割高になってもコスパ満足度が高い年賀状になるかもしれません。

それぞれの生活スタイル・時間・PCスキルなどの条件によって、どちらがコストパフォーマンスが高いかは異なると思いますので、自分に合った方法で年賀状印刷を検討してみて下さいね。