石油ファンヒーターは本当に安い?電気代&灯油代にかかる金額を計算してみました | H O P S T E P S H U F U


石油ファンヒーターは本当に安い?電気代&灯油代にかかる金額を計算してみました

水道光熱費節約

暖房器具の中では低コストなイメージがある石油ファンヒーターですが、灯油代が高騰してからは『電気代はかからないけど灯油代まで考えると、合計の暖房代は割高になる』との話も。

「実際に石油ファンヒーターにかかる暖房代はいくらなの?」

暖房代を節約&疑問を解決するべく具体的に計算してみました。

石油ファンヒーターの暖房費を計算するにあたって

我が家の石油ファンヒーターは10年以上前の古いモデルなので、後継モデルの数値を参考に計算をしました。

石油ファンヒーターの暖房代を計算するため参考にした機種はこちら↓

石油ファンヒーター(FH-ST4618BY)仕様

消費電力(50/60HZ)

  • 点火時最大:650/650W(0.65kWh)
          ※通常点火時間(室温10℃以上):約75秒
  • 燃焼時:強:23/24W (0.023/0.024kWh)
        弱:9.5/10W(0.0095/0.01kWh)

燃料消費量

  • 最大:4.62kW(0.449L/h)
  • 最小:0.72kW(0.070L/h)

その他、暖房代算出のための条件は下記の通り。

  • 電気料金:1kWh=27円(税込)※新電力料金目安単価
  • 暖房使用時間:1日8時間使用とする
  • 暖房使用期間:期間合計120日とする

石油ファンヒーターにかかる暖房代を計算

まず、石油ファンヒーターにかかる電気代から計算していきたいと思います。

石油ファンヒーターにかかる電気代を計算

石油ファンヒーターにかかる電気代は「点火時」と「燃焼時」で異なるため、別々に計算していきます。

点火時の電気代

  • 点火時消費電力:0.65kWh
  • 点火時間:約0.021h
  • 電気料金:1kWh=27円

  0.65kWh×0.021h×27円=0.36855円

燃焼時の電気代

石油ファンヒーターは設定温度と室温の差に合わせて燃焼力が強~弱の間で自動調整されます。

それに伴い消費電力も変わるため正確な電気代を出すのは難しいですが、燃焼(強)・燃焼(弱)が半々(各4時間ずつ)として計算していきたいと思います。

※エコ運転などの石油ファンヒーターに搭載されている節約機能は使用しない(セーブ消火などしない)とします。

1時間あたりの石油ファンヒーターの電気代
  • 消費電力(強):0.023kWh
        (弱):0.0095kWh
  • 電気料金:1kWh=27円

  燃焼(強) 0.023kWh×27円  =0.621円
  燃焼(弱) 0.0095kWh×27円=0.2565円

1日あたりの石油ファンヒーターの電気代
  • 燃焼(強) 0.621円/h×4時間  =2.484円
  • 燃焼(弱) 0.2565円/h×4時間=1.026円
  • 点火1回 0.36855円

  燃焼(強)2.484円+燃焼(弱)1.026円+点火0.36855円=3.87855円

1か月(30日)あたりの石油ファンヒーターの電気代
  • 燃焼(強) 2.484円/日×30日=74.52円
  • 燃焼(弱) 1.026円/日×30日=30.78円
  • 点火30回 0.36855円×30回=11.0565円

  燃焼(強)74.52円+燃焼(弱)30.78円+点火11.0565円=116.3565円

暖房使用期間120日間の石油ファンヒーターの電気代
  • 燃焼(強) 2.484円/日×120日=298.08円
  • 燃焼(弱) 1.026円/日×120日=123.12円
  • 点火120回 0.36855円×120回=44.226円

  燃焼(強)149.04円+燃焼(弱)184.68円+点火44.226円=465.426円

石油ファンヒーターの電気代は1か月で約116円、暖房期間合計でも500円未満という結果に!
Ricca
Ricca

石油ファンヒーターの電気代は、毎月の電気代に影響が出ると言うほどの金額ではなさそうですね

石油ファンヒーターにかかる灯油代を計算

次に石油ファンヒーターにかかる灯油代を計算していきます。

灯油料金は電気代と違い金額が変動してしまうので、1ℓあたりいくらで計算するかで大きく変わってきますが『灯油(店頭販売)販売価格情報』を参考に90円/ℓとしました。

燃料消費量は電気代と同じく燃焼力によって変化するため、電気代同様に燃料消費量(最大)・(最小)ともに半々の4時間ずつとして計算していきます。

1時間あたりの石油ファンヒーターの灯油代

  • 燃料消費量(最大):0.449L/h
         (最小):0.070L/h

  燃料消費量(最大):0.449L×90円/ℓ=40.41円
  燃料消費量(最小):0.070L×90円/ℓ=6.3円

1日あたりの石油ファンヒーターの灯油代

  • 燃料消費量(最大):40.41円×4時間=161.64円
  • 燃料消費量(最小):6.3円×4時間  =25.2円

  161.64円+25.2円=186.84円

1か月(30日)の石油ファンヒーターの灯油代

  • 燃料消費量(最大):161.64円×30日=4849.2円
  • 燃料消費量(最小):25.2円×30日  =756円

 円+756円=5605.2円

暖房使用期間120日間の石油ファンヒーターの灯油代

  • 燃料消費量(最大):161.64円×120日=19396.8円
  • 燃料消費量(最小):25.2円×120日  =3024円

 円+3024円=22420.8円

石油ファンヒーターの灯油代は1か月で約5600円、暖房期間合計では約22500円という結果に!
Ricca
Ricca

灯油タンク1つ分の金額は90円/ℓ×18ℓで1620円なので見落としがちですが、石油ファンヒーターにかかっている灯油代は思ったよりも高いようですね

石油ファンヒーターにかかる暖房費の合計は?

電気代と灯油代を合わせた暖房費の合計がこちら↓↓

1日あたり

  電気代3.87855円+灯油代186.84円=190.71855円

1か月(30日)あたり

  電気代116.3565円+灯油代5605.2円=5721.5565円

暖房使用期間(120日)あたり

  電気代465.426円+灯油代22420.8円=22886.226円

ちなみに、灯油使用量は下記のとおりです。

  • 1日 :(最大0.449L/h+最小0.070L/h)×各4時間=2.076ℓ
  • 1か月:2.076ℓ/日×30日=62.28ℓ

一般的な灯油缶が18ℓなので62.28ℓ÷18ℓ=3.46回分。1か月で18ℓの灯油タンク約3回分の灯油を使用している事になりますね。

また、この石油ファンヒーターのタンク容量は7.2ℓなので、1回の給油で使える日数は

  • 7.2ℓ÷2.076ℓ/日=約3.5日

3~4日に1度くらいのペースで給油をする事になります。

Ricca
Ricca

電気代だけなら安いけど灯油代を足すと、1日でも約190円分の暖房費がかかっていると考えると高く感じますね

算出条件により計算上では8時間燃焼し続けるという条件でしたが、石油ファンヒーターに搭載されている節約機能などを利用すると室温に合わせて自動消火したりするのでもう少し安く済みそうです。

節約モードで石油ファンヒーターの灯油代はどのくらい節約になるのか?

メーカーによって節約モードの内容が異なると思いますが、計算で使っていたコロナの石油ファンヒーター(FH-ST4618BY)の場合は、「火力セレクト」「ecoモード」という節約機能が付いています。

火力セレクト(弱火力)を利用した場合

1日8時間弱火力で運転した場合「1回の給油で約13日(約103時間)運転できる」とのことなので、火力調整なしで運転した場合の「1回の給油で約3.5日(約28時間)」に比べて約3.7倍灯油がもつ計算になります。

18ℓ灯油缶÷タンク容量7.2ℓ=2.5回分なので、1回の給油で約13日もつということは18ℓの灯油で「約13日×給油2.5回=32.5日」は使える計算になりますね。

1日あたりの燃料消費量は「弱火力時の燃料消費量0.07ℓ/h×8時間=約0.56ℓ」。18ℓの灯油缶で「18ℓ÷約0.56ℓ/日=約32.1」日分の灯油量になるので、ひと月はもつ計算ですね。

弱火力固定の灯油代を計算

火力調整なしの場合の灯油代

  • 1日(8時間)の灯油代
  • 1か月(30日)の灯油代  :5605.2円
  • 暖房期間(120日)の灯油代:22420.8円

弱火力の場合の灯油代

※燃料消費量0.07ℓ/h・灯油価格90円/ℓで計算

  • 1日(8時間)の灯油代:0.07ℓ/h×8時間×90円=50.4円
  • 1か月(30日)の灯油代:50.4円×30日=1512円
  • 暖房期間(120日)の灯油代:50.4円×120日=6048円

弱火力固定の節約効果

  • 1日(8時間)の灯油代   :186.84円-50.4円 =136.44円
  • 1か月(30日)の灯油代  :5605.2円-1512円  =4093.2円
  • 暖房期間(120日)の灯油代:22420.8円-6048円=16372.8円
室温が12℃以下の場合は火力が変化することがあるそうなので、実際はもう少し灯油代がかかってしまうと思いますが、かなり節約が期待できそうです。

弱火力固定の問題点

問題点は、ずばり「部屋全体が暖まらない」ことです。

通常であれば設定温度になるまで強火力で部屋を暖めますが、この機能は弱火力に固定をしてしまうようなので部屋全体を暖めるのに時間がかかってしまうと思います。

また、設定温度をキープするために定期的に火力が強くなることを考えると、弱火力では室温を維持できないと考えられます。

我が家で使っている石油ファンヒーターには火力調整機能は付いていないので、設定温度を調整して弱火力をキープするようにしていますが、キープするための設定温度は「12~15℃設定」。

設定温度が15℃ほどなので室温もそのくらいです。これ以上暖めたいなら火力を一旦強くしないと暖まらないことがほとんどなので、弱火力固定でも同じことが起こると思います。

Ricca
Ricca

自分が暖かければ良い場合は節約効果が高くおすすめの機能ですが、部屋全体を暖めたい場合はこの後紹介する「ecoモード」を利用する方が良いと思います。

ecoモードを利用して節約した場合の節約効果

次にもう一つの節約機能「ecoモード」の場合の節約効果を検証していきます。

新ecoモードで節約。ワンタッチで省エネ運転


※すでに設定温度が20℃以下の場合は、そのままの設定温度で運転します。また、温度を下げることで削減される灯油の消費量は外気温・室温等により変動します。

ecoモードONで1シーズン約3,900円(※1)以上お得!
※1 FH-ST3618BYにおいてecoモード設定の有無にて比較。当社住環境試験室(10畳)にて室内初期温度7℃スタートとし、設定温度22℃とした場合の3時間後の灯油使用量の比較。

●1シーズンの燃焼時間1,900時間、燃焼回転700回を想定。(一般社団法人 日本ガス石油機器工業会自主基準より)
● 灯油価格85円/L(2018年1月9日 全国平均店頭価格 資源エネルギー庁発表)

出典:STシリーズ|石油ファンヒーター|製品情報|コロナ

ecoモードは最大火力を60%に抑え、設定温度よりも3℃以上高くなると消火するという機能とのこと。

うちのコロナの石油ファンヒーターの場合もたまに消火していますが、弱火力で燃え続けて室温をキープしつつ節約をしている印象です。

石油ファンヒーターの置く場所・外気温などにより消火している時間も変わりますが、消火すると1時間ほどは止まっていると思います。

ecoモードの灯油代を計算

通常モード場合の灯油代

  • 1日(8時間)の灯油代合計:186.84円
    • 燃料消費量(最大):40.41円×4時間=161.64円
    • 燃料消費量(最小):6.3円×4時間  =25.2円
  • 1か月(30日)の灯油代  :5605.2円
  • 暖房期間(120日)の灯油代:22420.8円

ecoモードの場合の灯油代

※燃料消費量(最大):60%・燃焼時間:各3.5時間ずつ(消火時間を1時間とするため)で計算

  • 1日(8時間)の灯油代合計:106.911円
    • 燃料消費量(最大):40.41円×60%×3.5時間=84.861円
    • 燃料消費量(最小):6.3円×3.5時間  =22.05円
  • 1か月(30日)の灯油代  :3207.33円
  • 暖房期間(120日)の灯油代:12829.32円

ecoモードの節約効果

  • 1日(8時間)の灯油代   :186.84円-106.911円 =79.929円
  • 1か月(30日)の灯油代  :5605.2円-3207.33円   =2397.87円
  • 暖房期間(120日)の灯油代:22420.8円-12829.32円=9591.48円
ちなみに、灯油使用量は下記のとおりです。

  • 1日 :(最大0.449L/h×0.6+最小0.070L/h)×各3.5時間=1.1879ℓ
  • 1か月:1.1879ℓ/日×30日=35.637ℓ

1か月に必要な灯油量は灯油缶18ℓで35.637ℓ÷18ℓ=1.98回分。1回の本体タンク給油で使える日数は7.2ℓ÷1.1879ℓ/日=約6日

ecoモードにすることで1週間近く給油をしなくても大丈夫な計算に!

Ricca
Ricca

1か月で約2400円、暖房期間では約9600円と節約効果が高い印象です。給油回数や灯油を買いに行く回数も減るので助かりますね

もっと石油ファンヒーターの暖房費を節約するために

前述していますが、まずは各石油ファンヒーターに付いている「エコ機能」などの節約機能を利用するのがお手軽です。

部屋全体を暖めるなら置き場所は窓際!?

暖かい空気は上へと移動し、窓際で一気に冷やされて足元に冷たい空気が流れてきます(コールドドラフト現象)。

この空気の循環によって部屋がなかなか暖まらず暖房効率も悪くなるという厄介な現象です。そうなると当然、暖房費もかかってしまいますよね。

そこで、窓際を背にして石油ファンヒーターを置けば、窓際から流れてくる冷たい空気が石油ファンヒーターから出る暖かい空気と一緒に上へと移動していきます。

そうすると、足元に冷たい空気が流れてこないので室内の上下の温度差が少なくなり室内が効率的に暖められるそうですよ。(下図参照)

出典:エコ生活「省エネで暖かく過ごす秘訣」 – 住まいるiタウン※現在はこのページはありません

我が家は家具の配置とコンセントの位置の関係で窓際には置けないのですが、置く場所がある場合は試してみて下さいね。

1人だけ・一部だけを暖めたいならピンポイント暖房として使う

これは一人でいる時や食事の時などで旦那と二人で一か所にいる場合に、我が家で行っている方法です。

一か所に留まっている場合には自分達が暖かければいいので、ピンポイント暖房として近くに置き温風が自分達に当たるようにしています。

それなら設定温度が低くても暖かいので、燃焼(強)で燃焼している時間を減らせますよ。

ただし、周りに燃えるものがないかを確認した上で注意して利用して下さいね。
※絶対に寝る時・ストーブから離れる時にこの使い方をしないで下さい!
火事に繋がります!

このように石油ファンヒーターをちょこちょこ動かして利用するなら、石油ファンヒーター用のキャリーを利用すると持ち上げる必要もなく簡単に動いてくれるので楽ですよ。

我が家の石油ファンヒーター↓

父が実家で使っている石油ファンヒーター用にキャリーを作るついでに、うちの分も作ってくれました。

ホームセンターのしっかりしたスノコにキャスターを付け、石油ファンヒーターとスノコの間に滑り止めを敷いているだけのシンプルなものですが簡単に動かせてとても便利です。

自分で作るのは面倒くさい!という場合でも、ホームセンターやネットなどで1000円前後で石油ファンヒーター専用のキャリーが売っているので購入しても良さそうですね。