数字で見れば納得!水道代の節約効果を詳しく検証してみました | H O P S T E P S H U F U


数字で見れば納得!水道代の節約効果を詳しく検証してみました

水道光熱費節約

水道料金は使用量が多いほど単価が高くなっていく従量料金制なので、節約している家庭も多いのではないでしょうか。

でも、節約をしていても比較対象がないと「本当に節約出来ているの?」「節約効果はどのくらい?」と実感がわきませんよね。私もそんな1人でした。

そこで、水道代の節約がどのくらい効果があるのかを計算してみることに!ぜひ、水道代の節約の参考にしてみて下さいね。

水道代節約の目安に!全国の世帯別平均支出額を確認

まずは世帯人数別の1か月の水道代の全国平均と比べて、家庭の水道代が節約が出来ているかを確認してみて下さい。

表は1か月の水道代ですが、水道料金は2か月ごとの請求なので注意!

 2014年2015年2016年
1人世帯 2,029 2,092 2,145
2人世帯 4,133 4,222 4,160
3人世帯 5,230 5,326 5,371
4人世帯 5,904 5,978 6,044
5人世帯 6,758 7,173 6,932
総世帯平均 4,811 4,958 4,930

出典:「家計調査結果」(総務省統計局)
家計調査 / 家計収支編 2014年~2016年年報(総世帯)-4.世帯人員別 詳細結果表内【上下水道料】』
を編集して作成

※家計調査は、統計理論に基づき選定された全国約9千世帯を対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査しています。

※後述の計算に用いるデータの年に合わせるため2014年~2016年のデータを利用しています。

我が家は出来る限りの節約で1人世帯の平均支出額とほぼ同額に抑えられていました。節約効果が目に見えると節約を頑張るためのモチベーションも上がりますね。

水道代を計算する上で利用したデータ

※水道料金は地方自治体によって異なる上、総使用量によって単価も変動するので計算している水道代と大きく異なる場合があります。

世帯人数別のひと月あたりの平均使用水量

東京都の水道局が水使用量の実態調査を行ったデータがあったので、そのデータを参考に計算をしました。

世帯人員別の1か月あたりの平均使用水量
世帯人員使用水量世帯人員使用水量
1人8.2m³4人24.3m³
2人15.9m³5人28.5m³
3人20.4m³6人以上33.9m³

※出典:東京都水道局 平成28年度生活用水実態調査(水の上手な使い方 | くらしと水道 | 東京都水道局より)

1ℓあたりの水道代(神奈川県平均値)

水道料金は私が在住している神奈川県の県営水道(横浜市・川崎市は市営水道)の平均値を算出し計算に利用しました。

また、水道料金は基本的には2か月分の使用量を請求されますので、前述『世帯人員別の1か月あたりの平均使用水量』の使用水量を2倍し、2か月分の水道代として1ℓあたりの単価を計算しました。

単価が世帯人数ごとに異なるのは、総使用量によって水道料金単価が高くなるためです。使えば使うほど単価が高くなるため、必然的に世帯人数が多い方が単価が高くなっています。

世帯人数

A:2か月分の
平均水量

B:2か月分の
水道料金
1ℓあたりの
水道代(B÷A)
1人16.4m³ 3271円 0.19円
2人31.8m³ 7006円 0.22円
3人40.8m³ 9458円 0.23円
4人48.6m³ 12056円 0.25円
5人57m³ 14681円 0.26円
平均38.9m³ 8868円 0.23円

※A=前項目、1.表の1か月あたりの平均使用水量を2倍にしたもの
※B=Aの使用水量に対する水道料金(神奈川県営水道、横浜・川崎市水道の平均額を算出したもの)

家庭での水の用途別割合と使用量

家庭内のどの場所でどのくらいの水が使用されているかの割合と、水の用途別の使用量目安も東京都水道局にデータがあったので参考にさせてもらいました。

東京都水道局 平成27年度 一般家庭水使用目的別実態調査

用途別使用量の目安
用途使い方使用量CO2排出量
洗面・手洗い1分間流しっぱなしの場合約 12リットル約 2.4グラム
歯みがき30秒間流しっぱなしの場合約 6リットル約 1.2グラム
食器洗い5分間流しっぱなしの場合約 60リットル約 12グラム
洗 車流しっぱなしの場合約 90リットル約 18グラム
シャワー3分間流しっぱなしの場合約 36リットル約 7.2グラム

13ミリメートルの胴長水栓で水圧0.1メガパスカル、ハンドル開度が90度の場合、1分間に約12リットルの水が流れます。

出典:水の上手な使い方 | くらしと水道 | 東京都水道局

『世帯人員別の1か月あたりの平均使用水量』を元に、用途別割合で各使用場所ごとの水の使用量を算出すると以下の表のようになります。

使用場所別の1か月の水使用量 
世帯人数平均使用水量/月風呂40%トイレ21%炊事18%洗濯15%洗面他6%
1人8.2m³3.28m³1.722m³1.476m³1.23m³0.492m³
2人15.9m³6.36m³3.339m³2.862m³2.385m³0.954m³
3人20.4m³8.16m³4.284m³3.672m³3.06m³1.224m³
4人24.3m³9.72m³5.103m³4.374m³3.645m³1.458m³
5人28.5m³11.4m³5.985m³5.13m³4.275m³1.71m³

水道代の節約効果

計算に必要なデータが揃ったので、ここから水道代の節約効果を計算していきたいと思います。

『用途別使用量の目安』では「1分間に12ℓ」で計算をしています。12ℓでは分かり辛いですが1秒で200mlの水が溜まると考えると、かなり勢いよく流していますよね。

試しに我が家のキッチンで、水栓全開で1秒に溜まる量を計ってみた結果は…

シンク下部分にある止水栓を全開にしていないため、全開の水量でも「約1秒で100ml」の水量でした↓

画像では分かりにくいですが少しは参考になるかと。

データ用の水量は多めに見積もっている可能性がありますが、流れる水が白っぽく見えるほど流している場合は1分間に12ℓ流れているかもしれません。

水量を減らすことによる節約効果

使用時間12ℓ9ℓ
2/3量
6ℓ
1/2量
4ℓ
1/3量
1分間2.82.11.40.9
3分間8.36.24.12.8
5分間13.810.46.94.6
10分間27.620.713.89.2

※1ℓ単価0.23円で計算。横軸は1分間に流れる水量。単位/円。

1人分の水の利用時間が

  • 歯磨き:1日2回計1分間
  • 洗面・手洗い:2分間
  • シャワー:7分間

だとすると合計1日10分。ひと月(30日)分にすると次の表のとおりです。

世帯人数12ℓ9ℓ
2/3量
6ℓ
1/2量
4ℓ
1/3量
1人世帯828621414276 
2人世帯1656 1242 828 552 
3人世帯2484 1863 1242 828 
4人世帯3312 2484 1656 1104 
5人世帯4140 3105 2070 1380 

※1ℓ単価0.23円で計算。横軸は1分間に流れる水量。単位/円。

使用量を3分の2に抑えるだけでも、4人以上の家庭では1か月あたり約1000円の節約になります。

水道使用時間を減らすことによる節約効果

手洗い・歯磨きの時など水を使っていない時間も「すぐ使うから」と、出しっぱなしにしてしまうことありますよね。

1人1人が水を出す時間を少しでも短縮するとどのくらい節約効果があるか計算してみました。
※1分間に流れる水量は12ℓとして計算。

世帯人数10分8分6分
1人世帯27.622.116.6
2人世帯5544.233.2
3人世帯8366.349.8
4人世帯11088.466.4
5人世帯138110.583

※1ℓ単価0.23円で計算。横軸は1人分の水使用時間。単位/円。

ひと月(30日)分は次の表のとおりです。

世帯人数10分8分6分
1人世帯828662.4496.8
2人世帯1656 1324.8993.6
3人世帯2484 1987.21490.4
4人世帯3312 2649.61987.2
5人世帯4140 33122484

※1ℓ単価0.23円で計算。横軸は1人分の水使用時間。単位/円。

2分短縮の8分では、1か月で1人あたり165.6円の節約になります。

水量・使用時間をともに減らせば節約効果大!

水量と使用時間の両方を減らした場合の節約効果を計算してみました。

使用時間12ℓ9ℓ
2/3量
6ℓ
1/2量
4ℓ
1/3量
10分間27.620.713.89.2
8分間22.116.6117.4
6分間16.612.48.35.5

※1ℓ単価0.23円で計算。横軸は1分間に流れる水量。単位/円。

ひと月(30日)分は次の表のとおりです。

使用時間12ℓ9ℓ
2/3量
6ℓ
1/2量
4ℓ
1/3量
10分間828621414276
8分間662.4496.8331.2220.8
6分間496.8372.6248.4165.6

※1ℓ単価0.23円で計算。横軸は1分間に流れる水量。単位/円。

1人が「1分間に12ℓの水量で10分」使うところを「1分間に9ℓの水量で8分」に抑えるだけで、1か月(30日)で1人約330円の節約に!

4人家族では30日で約1300円の節約になるので家族みんなにちょっとずつ意識してもらい、上手に節約していきたいですね。

節約Point

歯磨き後のすすぎ・食器の予洗いなど流水でなくても支障ない場合はコップや洗い桶に必要な水を溜めて、流水を使っていない時は水を止めて使用時間・使用量を減らしましょう。