LED電球の方がお得になる分岐点を調べてみる | H O P S T E P S H U F U


LED電球の方がお得になる分岐点を調べてみる

最終的にはLED電球の方が お得になるのは分かりましたが 実際にどのくらいの期間で 総コストが逆転するのか計算してみました 【基本条件】         初期費用   消費電力       寿命 【白熱電球】  100円   0.054kWh    1000時間 【LED電球】 2000円   0.01kWh   40000時間 1kWhの電気代=22円

白熱電球の寿命1000時間の総コスト

60W相当電球1個で比較  【白熱電球】 0.054kWh×1000h×22円+100 =1288円   【LED電球】 0.01kWh×1000h×22円+2000= 2220円   白熱電球1個分だとLED電球の方が高くつく計算です 60W相当電球2個で比較   【白熱電球】 0.054kWh×2000h×22円+200 =2576円   【LED電球】 0.01kWh×2000h×22円+2000= 2440円   白熱電球を2個を使いきるとLED電球の方がお得という事に  

LED電球が白熱電球よりも総コストで安くなる分岐点

初期費用(本体価格)の差額   電球2個で総コストが逆転するので   2000円-200円=1800円です LED電球にする事で節約出来る額   0.054kWh-0.01kWh=0.044kWh   0.044kWh×22円=0.968円/1時間あたり 節約分が1800円になるのにかかる時間   1800円÷0.968円=1859.504132時間  1860時間で計算してみると    【白熱電球】 0.054kWh×1860h×22円+200=2409.68円    【LED電球】  0.01kWh×1860h×22円+2000=2409.2円  1861時間で計算してみると    【白熱電球】 0.054kWh×1861h×22円+200=2410.868円    【LED電球】 0.01kWh×1861h×22円+2000=2409.42円    1861時間以上使用でLED電球がお得になります

節約になる分岐点1861時間の分かりやすい目安

1日の使用時間で考える   1日5.5時間以上使用すると ⇒約1年弱   1日1時間程度の使用だと   ⇒約5年1カ月 我が家での使用頻度で考えると   リビング:1日   7時間使用 ⇒約9カ月弱   お風呂 :1日1.5時間使用   ⇒約3年5カ月   洗面所 :1日   2時間使用  ⇒約2年半   トイレ   :1日0.3時間使用   ⇒約17年                  (約20分)      ということになります

LED電球に変えるタイミング

長い時間点灯する場所はすぐに  リビングなど長い時間点灯させている場所や  家族が多くて合計の点灯時間が長い場合は    1年未満でLED電球が白熱電球の総コストを上回るので        すぐにでも切り替えた方が節約になります 点灯時間が短い場所は切れてからでOK  トイレなど1日の点灯時間が短い場所は  慌てて交換しなくても、節約効果は少ないので    使っている白熱電球が切れたら交換すれば良いと思います  白熱電球が切れるまでにLED電球自体の価格も  今よりもう少し安くなる可能性もありますので(^_^;)