お風呂で節約【ガス代編】 | H O P S T E P S H U F U


お風呂で節約【ガス代編】


追いだき機能は使わないようにする

 
湯船はお湯を溜めて作る
 水を沸かしなおす追いだきより、お湯を溜める方がガス代が安い
 
お風呂は沸かしたらすぐ入る
一緒に入るor立て続けに入る

 お湯が冷める前に入れば、追いだきをしなくて済みます
 一緒に入ればコミュニケーションも取れて一石二鳥
 立て続けに入ると、蒸気で浴室内も暖かいです
出来るだけフタは閉めておく
 沸かす時、誰もいない時はもちろん、湯船に浸かっている時も
 顔だけ出るように、閉めて入るとお湯が冷めにくいです
 スチーム効果で美容にも良いです
給湯器の設定を変更する
保温機能を切る
 給湯器によっては温度が下がると自動で追いだきをする
 保温機能がついています。
 常に温かい必要はないので我が家はOFFにしています
 
設定温度を季節ごとに変える
 温度が低い方がガス代の節約になるとのことで
 夏:38℃、春秋:39~40℃、冬:42~43℃にしています
 *冬は希望の温度+αにしないとお湯にならない事があるようです
  以前、温かくならなくて故障かと思ったら、50℃とか高温設定に
  しないと、外の気温が低いから温かくならないと言われました…
  実際、説明書に記載されていた事項なので、注意してください
 
シャワーを極力使わない
シャワーは出しっぱなしにしない
 使わない時はこまめに止めるようにしています
湯船のお湯をなるべく使う
 髪の毛をすすぐ時は大変ですが、体を流す時は湯船のお湯で十分。
 ボディタオルも1度目は湯船のお湯、すすぎはシャワーで洗います
 
洗う順番を工夫する
 私はクレンジングを流す際に、頭からシャワーで流して髪も濡らす
 旦那は体と顔を洗ったら流す
 など、まとめて流す事でシャワー時間を短縮しています